寒中見舞いはがきとは

寒中見舞いはがきとは

寒中見舞いとは、寒さのために相手の健康を気づかう挨拶状です。
ちょうど風邪が流行する季節でもあります。
相手の健康を気づかう言葉を入れると良いでしょう。また喪中の方へのごあいさつにも利用できます。
ちょっとしたお便りを出す場合も、あいさつ文として「寒中お見舞い申し上げます」を使うことをおすすめします。

寒中見舞いを出す時期

一般的には、寒の入り(1月5日)頃から、立春の前の日(2月4日)ごろまでに出しましょう。

一般的な季節のご挨拶として

文例
寒中お見舞い申し上げます。
寒さの折いかがお過ごしでしょうか?
おかげさまで、私ども家族一同元気に過ごしております。

東京は大寒を過ぎましてから大雪に見舞われ…
一日も早い春の訪れが待たれますが、暖かくなりましたら…
ご家族の皆様には お身体を大切にお過ごし下さいますよう
お祈り申し上げます。

平成●●年一月

その他の文例集はこちら

年賀状キャンペーン情報
年賀状かんたん見積もり
ふるさと納税広告付きはがき
詳しくはこちら
 当サービスは、SSL暗号化通信によりお客様の情報を保護していますので、安心してご利用いただけます。

プライバシーマーク